鏡開き&選手表彰2021&九州競輪記者表彰MVP

更新日:2月17日

 昨年中止となった小倉競輪安全祈願祭鏡開きは、年末より新型コロナウィルス感染者数もかなり減ってきていたこともあり、小倉競輪関係者の皆さんと協議の上、感染対策を講じてメディアドームアリーナで開催する予定でありましたが、オミクロン株の感染急拡大を受けて再び中止することとなってしまいました。


あまりに残念ですが、ここは再び辛抱し昨年同様に

                    (中井大介開催指導員)          

  

小倉妙見宮に行き安全祈願と塩のお清めをしてもらい

                      (内山拓常任幹事)


バンク各コーナー審判棟にお清めしていただいた塩をお供えし、安全を祈願させてもらいました。

どうか選手たちの事故や怪我のない一年になりますことと、早くコロナが終息するよう願います。


そして、この安全祈願祭鏡開きに続き行われる北九州市競輪選手選手表彰を発表させていただきます。


2021年全国の競輪開催や社会活動で活躍した小倉競輪の選手たちは次の6名です。


最優秀賞

最優秀賞とは

全国各地において最も活躍した者(特別競輪等で優出等した者)


北津留 翼選手 90期



最優秀新人賞

最優秀新人賞とは

登録3年未満(前々年7月デビュー者以降)の選手で成績優秀者


吉田 勇気選手 117期



優秀賞

優秀賞とは

全国の競輪場での優勝回数上位者を選出

同数の場合は小倉の優勝回数、優出回数、一着回数の順に比較し選出される


園田 匠選手 87期




敢闘賞

敢闘賞とは

優秀賞で選出された者を除き、各級の小倉成績上位者を優勝回数、優出回数、一着回数の順に比較して二名が選出される。


小川 勇介選手 90期   

内山 拓選手  87期




特別賞

特別賞とは

他の選手の模範となり、顕著な活躍をした者


中井 大介選手 65期


(今回の特別賞選考理由)

児童養護施設で生活する子供たちへのプレゼントや支援活動を長きに渡り公表することなく人知れず行ってきたことが明らかになり大きな反響を呼んだ。こちらを参照



※北九州市競輪選手選手表彰とは、日競選福岡支部北九州事務所所属選手で、前年の12月から11月までの一年間、小倉競輪場をはじめ全国の競輪場に出場し優秀な成績を残し、人格共に秀でファンに対し多大な感銘を与えた者の中から(但し、選考期間内に斡旋停止等を受けたものを除く)選出される。


選考委員

スポーツ紙5社小倉競輪担当者、北九州市競輪公営競技局競輪事業課長、北九州公営競技局競輪事業課事業担当係長、日競選福岡支部北九州事務所代表(私)、JKA西エリア小倉競輪競技委員長、JKA西エリア小倉競輪番組編成委員で編成されている。



そしてもう一つ!

園田匠選手MVP!

九州競輪記者クラブ(スポーツ紙5社からなる)の選手表彰で我らが園田匠選手がG1で二度の優出などの好成績を評価され最優秀選手賞に選ばれました。




なかなか終わらないコロナ禍の中、みんな出来うる限りの感染対策を取って日々の練習やレース、社会活動を一生懸命頑張ってくれています。

今年も何ら変わることなく全力であらゆることに取り組んでいきますので、小倉競輪の仲間たちの活躍を見守っていただき応援していただけたら嬉しいです。

閲覧数:248回0件のコメント

最新記事

すべて表示