6月の小倉競輪選手会ニュース

6月の小倉競輪選手会ニュースです。


まずはこちら

岸和田競輪場で6月16日〜19日の4日間 第73回高松宮記念杯競輪GⅠが開催されます。

毎年この6月の梅雨の時期に開催されよく雨が降ることから雨の宮杯と呼ばれたりもするそうです。

高松宮宣仁親王に賜杯の下賜を請願し承諾を得たことにより高松宮賜杯競輪という名称で開催されるようになり、1998年からは現在の高松宮記念杯競輪というう名称に改称され開催されている歴史あるGⅠレースで東日本、西日本に分かれて選抜された選手が出走するのが特徴です。

この高松宮記念杯競輪に出走する小倉競輪の選手は!



園田匠選手、小川勇介選手、北津留翼選手、岩谷拓磨選手です。

そして野田源一選手と坂本健太郎選手が福岡支部からは出走いたします。

岸和田の地を舞台に繰り広げられる彼らの熱いレースにご期待ください。


続きまして、FⅡ広島競輪にて林昴選手がデビュー後初優勝、FⅠ高知競輪にて岩谷拓磨選手がS級初優勝を果たしました!


今後の彼らの活躍に期待が膨らみます!


続きまして、

5月に新人リーグで皆様の前でその走りを披露した福岡支部の121期、122期の新人紹介が25日〜28日で開催されるGⅢ久留米記念競輪であります!

これに合わせて新人紹介PVを制作いたしました!

ここではそのオープニングのみ掲載させていただきますが、フルバージョンはこの開催終了後にこちらのホームページにアップいたします。



続きまして最後に私ごとで大変恐縮なのですが、先日GⅢ取手競輪にて執り行われたレインボーカップにて3着の結果をもちましてこの6月よりS級に特別昇級することが決まりました!



いつも応援してくださいます皆様のおかげでこの結果を得ることが出来たと思っています。

これからも小倉競輪の仲間たちと共に応援よろしくお願いします。


以上、6月の小倉競輪選手会ニュースでした。

閲覧数:263回0件のコメント

最新記事

すべて表示