top of page

12月の小倉競輪選手会ニュース

12月の小倉競輪選手会ニュースです!

寒さの増す日々ですが温かいニュースをお届けしたいと思います。


まずはこちらから!


子どもの居場所づくり応援基金へ寄付

6月から8月の吉岡稔真カップ、11月の競輪祭終了までの期間、【小倉競輪選手会チャリティアイテムショップ】を小倉競輪、小倉競輪所属の選手たち、レジェンドOBの大先輩に協力してもらいSUZURIでのオリジナルグッズ販売や缶バッジを製作してメディアドーム内で販売させてもらい、その売り上げを兼ねてより決めておりました北九州市社会福祉協議会によって創設された【子どもの居場所づくり応援基金】へとお届けしてまいりました。

その額なんと!10万6524円!

ご購入して下さいました皆さまのご厚意に感謝です。

未来を担う子どもたちが笑って過ごせる居場所を作る一助になれれば幸いです。


垣迫裕俊北九州市社会福祉協議会会長


続きまして、


2022年北九州市競輪選手表彰表彰選手決定


小倉競輪に所属するする選手で、小倉競輪場や全国の競輪場で優秀な成績を残し、人格共に秀でファンに対し多大な感銘を与えたと評価された者が選出されます。

そんな2022年北九州市選手表彰に選出されたのは!



最優秀賞

 

園田 匠選手


最優秀新人賞 


林 昴選手


優秀賞 


八谷 誠賢選手


敢闘賞 


北津留 翼選手 


宮本 龍一選手 


特別賞


森山昌昭選手


小川勇介選手


岩谷拓磨選手

 

以上、こちらの8名が年明けの1月6日の安全祈願、鏡開きの際に表彰されます。





続きまして、



中井大介選手の新米プレゼント


先月競輪祭の直前のお話なのですが、中井大介選手が【カリタスの園 天使育児園】へ新米を届けたそうです。

今年はなんと!300kgものお米と林慶次郎選手所有の競技用自転車を携えての訪問でした。

来年は園の子供たちにメディアドームバックヤードツアーもプレゼント出来たらいいですね。

詳細は日刊スポーツの音無剛記者の記事をご覧ください↓↓↓


子どもたちの笑顔が中井大介の原動力! 今年の支援活動は新米300キロ&競技用の自転車体験





続きまして、



別所英幸選手の絵本お届け&職業学習『キャリア教育』


別所選手のレースで一着を取ったら絵本を児童施設にお届けするプロジェクトは絶讃継続中であります!

そして、近隣の小学校で行われました職業学習『キャリア教育』にて5、6年生の生徒たちに競輪選手という職業を講演してきたそうです。











続きまして、



どーむきっちんへクリスマスプレゼント


私、八谷で恐縮なんですが今年もどーむきっちんへクリスマスプレゼントをしてきました。


メディアドームの近くの美味しいシフォンケーキのお店「THE.GOOD MOOD」さんがとっても可愛く子どもたちのために作ってくれたクリスマスケーキと、たまたまだったのですが、この日練習に来ている選手がいなかったので急遽、バンクウォークもプレゼントさせてもらいました。

子どもたちテンション爆上げで喜んでくれて僕もすごく嬉しかったです。




今年もコロナウイルスの為多くの制限があり、思うようなイベントをご提供することは叶いませんでしたが、小倉競輪の選手たちは思いは同じく各選手できることを一生懸命にしてくれています。

来年こそは、これまでの状態に近づけた活動をお届けしていければと思っていますのでこれからも小倉競輪ならびに小倉競輪の選手たちをよろしくお願いします。


それでは少し早いですが皆さま!


よいお年を!



閲覧数:148回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page