選手列伝Vol.46 林 慶次郎選手


林 慶次郎 111期

はやし けいじろう


だがそれがいい その先行がいい‼︎


師匠 林 孝成氏(59期 引退)


練習仲間 林 大悟選手109期 林 昴選手119期 中井大介選手65期


趣味 ドライブ


脚質 加速力抜群のあと伸びタイプ


これまでのスポーツ歴

3歳〜12歳 水泳

7歳〜17歳(夏まで) 空手

7歳から始めた空手は実戦空手の極真空手で真極真空手の道場で稽古に励んだ。

中学の頃は怪我に悩まされまともにやれなかったが頑張り高校2年生の時に全国大会2位の記録を残した。


競輪選手を目指したきっかけ

小倉競輪のイベントで小学3年生の時に競輪を見たことと、父親の練習する姿に強く惹かれ競輪選手になりたいと思った。


競輪学校合格まで

高校2年生の夏から自転車に乗り出した。

通学しながら早朝4時からの練習だったので学業との両立がきつかったが自転車通学もしつつ兄大悟(109期)と共にトレーニングに明け暮れ、先に合格した兄のあとを追いかけ111期で合格した。


競輪学校では

入学早々に訓練で落車に巻き込まれたのがいまだに忘れられない思い出。

個性の強い同期が多く刺激的な一年で自転車歴も浅かったので少しでも早く周りに追いつきたくて早朝練習や時間さえあれば自主練に励んだ。

在校位は下から6番目くらいだったが、その頑張りが認められ滝澤教場に選抜された。


プロデビュー後

デビュー後すぐに完全優勝するも2戦目連勝で勝ち上がった決勝戦で落車し、その後体調を崩し二ヶ月ほど戦線離脱を余儀なくされたがコツコツと再び努力を積み重ね成績を伸ばしていき、3年目にはS級へと昇級し優勝もし更にS級1班にもなりG2、G1のグレードレースにも出場したが今(2022 8月)はS級2班で奮闘中。


これからの目標

兄弟で切磋琢磨し再び優勝することとS級1班を取りG1を目指し、G1で活躍する同期や同世代(岩谷拓磨選手、嘉永泰斗選手、上田尭弥選手達)に追いつきたい。


※趣味と好きなものについて補足

好きなもの

車 時計 旅行 和菓子 洋菓子 パン

趣味について

最近ドライブが趣味と言えるくらいにドライブが好きになり、

(助手席空いています)

好きなパンを求めパン屋巡りをし遠くまで足を伸ばすようになった。

おすすめのパン屋さんは【パンストック】【アマム ダコタン】

楽天ポイントを貯めることがマイブーム。



 

閲覧数:208回0件のコメント

最新記事

すべて表示