選手列伝Vol.22 八尋英輔選手

最終更新: 6月22日


八尋 英輔 89期

やひろ えいすけ


博多の帰宅部最速の優男41歳


福岡市周辺在住選手グループ所属

師匠は竹中太氏50期


パワフルなスポーツ歴はなし


パワフルな筋肉質


パワフルな伸びを見せる追い込みタイプ


小学校から高校2年生まで全くスポーツなどせず帰宅部として過ごしていたが、熊本の叔父の勧めで競輪選手を目指すことにした。

高二の5月13日、この日がパワフルに第一歩を踏み出したヤッヒー記念日。

競輪選手は脚だというイメージから毎日スクワットを100回することから始め、100回を200回、200回を300回と、その回数を増やし、最終的に3400回までするようになった。


博多でサイクルショップを営んでいた西丸房雄氏35期に師匠である竹中太氏を紹介され、その下でパワフルに練習を開始した。

バンク練習は主に門司競輪場だった。


パワフルな筋肉質ボディはウエイトトレーニングの積み重ねなのだが、脚よりも腕の方にその効果が出やすく腕ばかりがパワフルになってしまう。

極力腕のトレーニングメニューは避けている。


博多の優男は温厚な性格で友人も多く、友人達から贈られたパワフルヤッヒー横断幕は彼のレースをいつも見守っている。




276回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示