選手列伝 Vol.42 原口 昌平選手


原口 昌平 107期

はらぐち しょうへい


博多の心優しきターミネーター


師匠は八尋英輔選手89期

福岡市周辺在住選手グループ所属


趣味 料理 お菓子作りに特化


スポーツ歴 水泳 野球


宮本憲イズムを引き継ぐダッシュタイプ


過去のスポーツ歴は小学一年生から五年生まで水泳、小学四年生から高校三年生まで野球で、中学生の頃は福岡県選抜チームの一員となり日本代表として台湾で国際交流試合に出場したりもした。高校では甲子園を目指すもその夢は叶わなかった。

自転車には高校三年生の夏から乗り始めた。

そのきっかけは、野球部も引退し将来の進路に悩んでいた時期に、同じスポーツジムで競輪選手を目指す人と話をするようになり、自分の可能性を試したいと思うようになったからだった。その人から薙野裕昭氏(53期引退)と引き合わせてもらい、薙野氏から宮本憲氏(72期引退)を紹介され宮本氏に師事した。(しかしその後宮本氏の引退により師匠は八尋選手が引き継いだ)

101期から受験し、お好み焼き屋さんでアルバイトをしつつ苦しいアマチュア時代を耐え抜き4回目の107期に合格することができた。

競輪学校時代はパッとせず下から2番目の成績で卒業し、師匠の八尋選手と矢田晋選手と共に練習に励んでいたがデビュー最初の期に代謝の対象の点数になり焦ったが、少しずつ上昇していき、坂本亮馬選手と出会いアドバイスをもらうようになってからは成績が急上昇し、自分でもよく考え試行錯誤を重ねるようになり現在のS級での活躍に至る。


「S1を獲り、G1レースに出場することを目指しこれからも精進します!」


と、語る彼の趣味は料理で、最近はチーズケーキ、タルト、食パン作りにハマっており、全粒粉や米粉、砂糖の代わりに蜂蜜やオリゴ糖を使うなど食材にこだわり抜いている。

目標達成の際には是非仲間たちにスイーツを振舞っていただきたい。


※福岡市周辺在住選手グループでの練習仲間は、八尋英輔選手、矢田晋選手、坂本亮馬選手、楢原由将選手、津村洸次郎選手、渡邉豪大選手、川野深選手

閲覧数:315回0件のコメント

最新記事

すべて表示