選手列伝 Vol.38 秋永 昂人選手


秋永昂人 98期

あきなが たかひと


静かに闘志昂る 35歳


師匠は藤井克衛氏57期

兄は秋永共之選手90期


ニックネーム 小鳥兄さん


ラーメンは替え玉しない派


脚質は昂る闘志のオールラウンドタイプ


小学4年生の時にソフトボールを一年だけ経験、中学生からは兄 共之の背中を追いかけ競輪選手になるべく陸上部に入部し短距離と幅跳びで基礎体力向上に励んだ。

3年生で800メートルリレーで県大会に出場、この時もしかしたら宮本龍一(同い年)とすれ違っていたかも知れない…


高校はご存知名門豊国学園に進学し自転車部に入部、本格的に自転車に乗り始めた。

高校の三年間の練習は兄とともに竹中太氏(50期)のもとで励んだ。

同級生は樫山恭平で自転車でも学校内でもファンキーで人気者なイメージだったそうな。

3年生でスプリントでインターハイ出場するも一回戦で敗退した。

競輪学校へは91期から受験したが合格への道のりは厳しく、小倉競輪開催時の補助員のアルバイトをしながら受験し続けた。

そんなおり、藤井克衛氏に声をかけられ空港チームで練習をするようになり、ついに八回目の98期で合格を勝ち取り競輪選手となった。

選手となってからは、ガムシャラに走り続け一年程で自分の自力スタイルが固まってきた。

これからは自力主体だがあらゆる戦法にチャレンジしていきたいと決意を語った。


そんな小鳥兄さんは、カスタードクリームを作り季節のフルーツをふんだんにちりばめたフルーツサンドを作って食べることにハマっており、現在、一緒にフルーツサンドを食べてくれる花嫁募集中です。




70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示