選手列伝Vol.25 小川勇介選手

更新日:6月22日


小川 勇介 90期

おがわ ゆうすけ

三代目不動會若頭36歳


不動會所属

師匠は吉岡稔真氏65期

盟友園田匠の右腕


不動會の練習を取り仕切る鬼軍曹


日焼けが眩しい洒落乙兄さん


ちぎり合い上等の超絶地脚型


小学校時代はサッカー、中学校時代は特に何もしてこなかったのだが、祖父に連れて行ってもらった競輪を見て選手になりたいと決意。

更に父の影響もあり吉岡稔真氏の存在を知り強い憧れを抱いた。

そして、吉岡稔真氏の下で競輪選手になりたいと弟子入り志願をしたが、当時中学生で自転車経験もなかったため断られてしまう。

しかし、小川少年の心の炎はここで消える事なく、自転車競技では名門中の名門大分の日出総合高等学校に郷土を飛び出し進学し、ここで自転車漬けの高校生活を送った。

日々の乗り込み練習は過酷を極めるもののメキメキと力をつけ、3年生の時にはロードレースで日本代表としてアメリカとカナダでの世界大会に出場し活躍した。

高校卒業後、ついに念願の吉岡稔真氏への弟子入りが許され不動會の一員となった。

トレーニングは厳しかったが日々耐え抜き、そして、見事競輪学校に合格、在校成績一位で卒業した。

デビュー後も快進撃を続け、S級一班に駆け上り、師の座右の銘である不動心を胸に戦い続けている。


無類の車好きでドライブが趣味、これまで乗り換えた車は30台にのぼる。

(いやヤバイでしょって話だよねぇ)

海沿いを走るのが楽しいらしく、更に海沿いを走りまくるうちに道路を飛び越え、いつの間にか特殊小型船舶免許を取得しジェットスキーで海上を所狭しと縦横無尽に駆け回っている。

車も海も好きな彼のこれからの目標がG1を獲って豪華クルーザーをゲットする事だというのを信じるか信じないかはあなた次第です。






最新記事

すべて表示