​競輪選手という職業

​ 競輪選手は日本競輪選手養成所を卒業しその資格を得た者が、鍛え上げた力と技で全国43場の競輪場で開催されるレースに参加し賞金という形で収入を得る職業である。

 成績に応じて階級があり男子は

 

S級S班  S級1班  S級2班  A級1班  A級2班  A級3班

 

​女子はガールズケイリンとも呼ばれ、L級のみとなる

 

レースのグレードはグランプリを頂点とし、GⅠが6開催、GⅡが4開催、各競輪場で行われる記念開催のGⅢ、S級シリーズのF1、A級のみのFⅡ開催がある。

収入に関しては、男子のトップは2億円、女子は3000万円程を稼ぐ選手がいる。

平均年間収入は男子で1000万円、女子は700万円ほどである。

​高収入ではあるが、毎年男子60人、女子6人が代謝にかかり引退することになる厳しい一面もある。

9名

220名

450名

550名

550名

450名

約150名